結婚式招待状返信の注意点 書き方とマナー

結婚式招待状の返信の注意点 書き方とマナー

 

結婚式招待状への返信の注意点について説明します。

 

やはり、何よりも結婚式というおめでたい席へ招かれたということを念頭において、その招待状の主催者側に失礼の無い形で返事をすることが大切です。

 

結婚式招待状の返信において第1に注意しなければいけない点は、最終期限に関わらず速やかに返事を出すことです。

 

結婚式に招待する側としては、その返信をもとに、披露宴の席順や準備などいろいろな準備を進める必要があるのです。

 

そういった理由で、できるだけ早い返信が望ましいということになります。

 

結婚式招待状の返信において第2の注意点としては、返事の記入の仕方です。

 

まず、返信先の名前で○○行の「行」の部分を、2重線又は斜線で消して「様」にします。

 

御住所・御芳名などの部分は、自分の名前を書く部分ですから「御」や「御芳」の敬語表現をやはり2重線又は斜線で消しておきます。

 

御出席・御欠席の部分は、“両方”の「御」の字を消しておくのが正しい記入方法です。

 

(○をつけない方の「御」も、○をつける方の「御」も消すということです。)

 

意外に、該当しない方の「御」を消さない方が多いので、その点気をつけましょう。

 

結婚式に欠席する場合の返信では、欠席の理由も書き添えましょう。

 

ただ、その理由が弔事などにあたる場合は、「諸般の事情で」などと表現し、はっきり書かないという気遣いも必要です。

 

また、注意点と言うかアドバイスになりますが、結婚式の招待状の余白に余裕がある場合には「このたびはご結婚おめでとうございます」などのちょっとしたメッセージを書き添えます。
もし、欠席する場合でも、余白にメッセージを書き添えると、お祝いの気持ちが通じます。

 

結婚式はお祝い事であるということを、まずはじめに頭において、招待してくれる方への失礼の無いように気を配ることが大切です。

 

その点や、上記に述べた常識さえ理解していれば、結婚式への招待状の返信もさほど難しいことはありません。

婚活にはお悩みは不要!おすすめのクリニックを紹介

結婚式招待状返信の注意点 書き方とマナー関連記事