結婚式2次会のマナー 注意しておきたいこと

結婚式2次会のマナー

結婚式では2次会に招かれる機会も多いですね。

 

2次会のマナーというのも何かあるのでしょうか?

 

2次会の方は仲の良い気心の知れた友人同士のパーティで、披露宴ほど堅苦しいものではないので、むしろ場を盛り上げるくらいの気持ちで参加するのが喜ばれることでしょう。

 

新郎新婦をありのままに祝福することが、一生の思い出に残るような良い2次会となるはずです。

 

お2人にしてみても、挙式を終えてリラックスした中での会ですので、あらたまった結婚式とはまた違ってとても楽しみにしているはずです。

 

ただ、お酒の飲み方については、飲みすぎで羽目を外して他の人や店に迷惑の掛からないようにすることだけは注意しましょう。

 

2次会の費用は、一般的に会費制で行なうことが多く、場所や料理にもよりますが3,000円から10,000円くらいでしょう。

 

会費制の費用以外のご祝儀は不要ですが、披露宴には出席せずに2次会からの出席の場合には、何か贈り物をするのもよくあることです。

 

何人かの仲間で相手の要望に沿った新生活に必要となる物の中から贈り物をするなどというのも良い案です。

 

服装は、結婚式同様に女性は白を避けましょう。

 

男性は挙式のままのスーツでもOKですし、礼服から多少カジュアルに着替えても構いません。

 

案内状などには、「普段着でお越しください」と書かれている場合もあります。

 

しかしそうは言っても、ジーンズや汚れた服や、サンダル履きなどは当然失礼にあたります。

 

結婚式という新郎新婦の記念日の2次会にふさわしい服装や行動を意識して参加しましょう。

婚活にはお悩みは不要!おすすめのクリニックを紹介

結婚式2次会のマナー 注意しておきたいこと関連記事